Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アイプリンの口コミや効果の真実をし暴露ます!実際に使ってみたレビューも紹介。効果について悪い口コミも包み隠さず掲載。目元ケア商品選びで失敗しない為に是非参考になればと思います。

【写真付き】アイプリン本音の口コミと実感できた効果とは?

アイプリン

【アイプリンはクマを改善する?】黒クマ、青クマ、茶グマを消す能力はいかほど?

投稿日:

寝ても寝ても、目の下のクマが消えない!ってこと、ありますよね。

クマができていると、「お疲れ顔」「老け顔」の印象が強くなります。

かといってコンシーラーでカバーしようとすると、厚塗りになって不自然だったり、カバーしきれなかったり…。

 

そんなお悩みを解消してくれるのが、美容液コンシーラーの「アイプリン」です!

アイプリンは伸びと肌馴染みがよく、お肌に自然に溶け込んで気になるクマやシミをカバー。

それだけではありません!

アイプリンは美容液配合で、素肌そのものをクマやシミの目立たない美肌へと導いてくれる、美容液の機能を持ったコンシーラーなんです!

 

目の下のクマと一口に言っても種類が複数あります。

アイプリンはどんな種類のクマも改善してくれるのか、気になるところですよね。

 

そこで今回は、アイプリンのクマ改善効果について徹底調査しました。 アイプリンは黒クマ、青クマ、茶クマ、全てのクマに対応してくれるのか、必見です!

 

アイプリンは黒クマに効果ある?

まずは黒クマへのアイプリンの効果を検証しましょう。

黒クマは文字通り、目の下が黒っぽくなるクマ。

なんだか手強そうですね。

黒クマはなぜできてしまうのか、アイプリンはどう働きかけるのか、見ていきましょう。

 

黒クマが出来る原因とは?

黒クマの原因はズバリ「たるみ」です。

 

目の周りには眼輪筋という筋肉がついており、眼球の周りにある眼窩脂肪を支えています。

しかし加齢などで眼輪筋が衰えると眼窩脂肪を支えきれなくなり、目の周りの構造が崩れてくるんです。

こうして目の周りにたるみやくぼみができると、その凹凸の影が目の下に落ちることになります。

これが黒クマの正体!

上を向くとクマが薄くなるようなら、それは黒クマの可能性が高いです。

 

黒くまは影なので、一般的なコンシーラーで隠すのは難しいんです。

ではアイプリンは?

アイプリンの黒クマへの働きかけを確認しましょう!

 

アイプリンの黒クマに対する働きかけとは

黒クマのできる原因はお肌のたるみ。

だったら、たるみを改善・防止して、目元のハリと弾力をもたらすことで黒クマが改善できると考えられます。

 

アイプリンには多数の美容成分が含まれていますが、黒クマに効果を発揮する主な成分といえばプロテオグリカン、フラーレン、アスタキサンチンなどが挙げられます。

 

プロテオグリカンがコラーゲンやヒアルロン酸を増やす

プロテオグリカンはヒアルロン酸以上の抜群の保水力を持つ成分。

人間の体内にも存在する糖とタンパク質の複合体です。

 

プロテオグリカンは自らの保水力でお肌をふっくら潤いを与えるだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸を増加させる効果もあると言われています。

コラーゲンやヒアルロン酸はお肌の弾力・ハリを担っているのは有名ですね。

アイプリンはプロテオグリカン配合でお肌のハリや弾力を維持し、目の下のたるみ改善に効果を発揮するのです。

 

フラーレンとアスタキサンチンのアンチエイジング効果

アイプリンに含まれるフラーレンとアスタキサンチンは、驚異的な抗酸化作用を持っています。

 

フラーレンとは炭素原子のみで構成される物質。

同じ炭素の同素体としてはダイヤモンドも有名です。

驚異的な抗酸化作用を持っており、紫外線などで発生した肌老化の原因となる活性酸素を吸い取って除去してくれるんです。

さらにお肌のバリア機能をサポートし、水分保持やダメージ抑制の働きも。

アイプリンのたるみ・しわ抑制効果を担っているというわけです。

 

アスタキサンチンはカニ・エビ・鮭・いくらなどの赤い生物に含まれるカロテノイド(天然色素)の仲間です。

これらの生物はアスタキサンチンの抗酸化力により厳しい自然のダメージから身を守っていると考えられています。

その抗酸化力はビタミンCの6000倍とも言われているんですよ。

 

フラーレンとアスタキサンチンは、目元のハリ・潤い・弾力に働きかけるアイプリンの有力成分なんですね。

 

アイプリンは青クマに効果ある?

目の下が青っぽくなる青クマ。

目尻を横に引っ張ってみて、色が薄くなったら青クマの可能性が高いです。

青クマのできる原因と、アイプリンの効果について見ていきましょう。

 

青クマが出来る原因とは?

青クマのできる原因はズバリ「血行不良」です。

 

寝不足、眼精疲労、冷えなどにより目元の血液の流れが悪くなり、毛細血管が透けて見えてしまっている状態です。

目の周りの皮膚は薄いので、血液の流れの状態が浮き出てしまうんですね。

最近はスマホやパソコンの見すぎによって目の周りの血流が滞り、青クマができてしまう人も多いそうですよ。

 

青クマ対策には目の周りのマッサージやツボ押しも効果的ですが、アイプリンにも効果を発揮する成分が含まれています。

 

アイプリンの青クマに対する働きかけとは?

美容液による青クマ対策は、血行を促す成分が必要です。

アイプリンの目元の血行を良くする成分として挙げられるのは、ビタミンEとボタニカルエキスです。

 

ビタミンEが血行不良を改善

アイプリンにはビタミンEが配合されています。

ビタミンEは毛細血管を拡張し、血流を促してくれる効果があるんです。

だから目の下の青クマを改善させ、さらにお肌の隅々まで栄養を行き渡らせてくれるので美肌効果もあるんですね。

 

ビタミンEは抗酸化作用が高いことでも知られています。

お肌に発生した活性酸素を除去し、老化の原因となる過酸化脂質の発生を防いでくれるので、アンチエイジング効果も発揮します。

アイプリンの青クマ改善効果とアンチエイジング効果を担っているのがビタミンEというわけです。

 

ボタニカルエキスが巡りの良いお肌に

アイプリンには保湿作用や美白、美肌作用に優れた7種のボタニカルエキスが含まれています。

その中でも特にセージ葉エキス、ローズマリー葉エキスは血行促進作用に優れていると言われています。

 

アイプリンは天然成分による青クマへの効果も期待できるんですね。

 

アイプリンは茶クマに効果ある?

上を向いても、目尻を引っ張っても、目の下のクマの色が薄くならなかったら「茶クマ」の可能性が高いでしょう。

茶クマは目の下がぼんやりと茶色くくすんでいる状態です。

メイクで隠すとある程度はカバーできる場合が多いようですが、できることなら茶クマに消えてほしいですよね。

茶クマのできる原因とアイプリンの効果について見ていきましょう。

 

茶クマが出来る原因とは?

茶クマができる原因は、ズバリ「色素沈着」です。

目をこすった時の刺激、紫外線によるシミやくすみの集結、アイメイクの汚れの蓄積などで目の周りに色素が沈着してしまうことで、茶クマが発生します。

 

長年の蓄積によるものなので改善にも時間がかかる傾向にありますが、アイプリンを使い続けることで茶クマの改善効果も十分に期待できます。

そのメカニズムを見て見ましょう。

 

アイプリンの茶クマに対する働きかけとは?

茶クマの原因は色素沈着。

新陳代謝が悪いとメラニンを含む古い角質が滞り、色素沈着を起こします。

茶クマを改善させるには、新陳代謝を活発にすること、お肌のターンオーバーを促すことが大切なんです。

 

アイプリンの成分で茶クマ改善効果が期待できるのは、EGFを含む6種類の複合型ペプチド

お肌の生まれ変わりを助け、若々しい目元へ導いてくれる主要成分です。

 

ペプチドって?EGFって何?

アイプリンに配合されているペプチドの複合体とは、一体何者なのでしょうか?

 

ペプチドとは人の体を作るたんぱく質の一種で、アミノ酸が2個〜数10個ほど繋がったもの。

アミノ酸の組み合わせによって様々な機能を持ちます。

 

EGFは別名「ヒトオリゴペプチド」で、日本語に訳すと「表皮細胞成長因子」。

EGFの発見者スタンレー・コーエン博士は1986年にノーベル医学生理学賞を受賞しています。

そして日本国内では、2005年に化粧品の成分としての使用が厚生労働省から認められました。

お肌のターンオーバーを活性化し、お肌の調子を整える効果の高い、目元の茶クマ解消にも最適な成分なんです。

 

ペプチドそれぞれの働き

アイプリンに含まれる6種類のペプチドはそれぞれ次のような働きをします。

  • EGF(ヒトオリゴペプチド-1):お肌のターンオーバー(基底層で作られた細胞が角質層まで押し上げられ、剥がれ落ちて新しい細胞に生まれ変わる周期)を整え、お肌の状態を良好に保つ。
  • オリゴペプチド-20:細胞のダメージを防いで若々しい肌へ導く。
  • アセチルデカペプチド-3:別名FGF、日本語では「線維芽細胞増殖因子」。表皮に働き掛けるEGFに対し、FGFは真皮においてコラーゲン生成などに関わる線維芽細胞に働きかけ活性化させることで、シワやたるみを防ぐ。
  • パルミトイルトリペプチド-1:血行を促してクマやたるみ、乾燥などを防ぐ。
  • ジペプチド-2:抗酸化作用をもち、皮膚のコンディションを整える。
  • パルミトイルテトラペプチド-7:お肌の保湿効果やハリ・弾力を与える効果がある。

アイプリンはこれらが合わさって多角的にお肌の健康に働きかけ、ターンオーバーを整えます。

ターンオーバーが整うと古い角質は定期的に剥がれ落ち、新しい細胞と生まれ変わるため色素沈着した茶クマがだんだん薄くなっていくんですね。

今後の色素沈着も防ぐので、アイプリンを使い続けるうちに目元が明るくなっていく効果を実感できるんです。

 

まとめ

アイプリンのクマ改善効果について詳しくご紹介しました。

 

アイプリンは、たるみが生み出す黒クマ、血行不良が生み出す青クマ、色素沈着が生み出す茶クマ、それぞれの原因に働きかける成分が配合されているため、どのクマの改善にも有効といえるでしょう。

 

一般的な「隠すだけ」のコンシーラーとは違い、アイプリンならクマを隠すと同時に素肌に働きかけて、クマそのものの改善ができる!

これはぜひ試してみたいですよね!

是非アイプリンの公式サイトをチェックしてみてくださいね!



アイプリンを試してみる?

アイプリン公式サイトはコチラ!
目もとのクマ専用クリーム - 【アイプリン】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アイプリン

Copyright© 【写真付き】アイプリン本音の口コミと実感できた効果とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.